2006年06月16日

●マイクロソフト、ビル ゲイツが2008年7月に経営の一線から退く予定であることを発表

〜2年の移行期間中にレイ オジーとクレイグ マンディに業務を引き継いだ後、ゲイツ財団の業務に専念〜

マイクロソフト コーポレーション(Microsoft Corporation、本社:米国ワシントン州レドモンド)は、米国時間6月15日(木)、同社会長であるビル ゲイツが、2008年7月をもって経営の第一線から離れ、その後はビル アンド メリンダ ゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation)での活動を中心に世界の健康と教育の課題に取り組む予定であることを発表しました。また、現在ゲイツが担っている日常業務をスムーズかつ確実に引き継ぐため2年間の移行期間を設けること、ならびに2008年以降も、ゲイツはマイクロソフトの会長兼相談役として主要な開発プロジェクトの指導にあたることを明らかにしました。http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2722
posted by にゅーす at 21:04| Comment(0) | TrackBack(1) | メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

MSビル・ゲイツ:08年7月に経営の一線引退
Excerpt: MSビル・ゲイツ氏、08年7月に経営の一線引退 マイクロソフト(MS)の創業者、ビル・ゲイツ会長(50)は15日、08年7月に非常勤の会長となって経営の一線を退き、夫妻の慈善財団の活動に重心を移すと発..
Weblog: 浮 世
Tracked: 2006-06-17 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。